北海道日帰り温泉の旅

 

 

 

平成28年10月9日

October 9, 2016

 

美瑛町朗根内朗根内神社横の自生種保護園 種を風に乗せて旅立たせた後のヤナギラン

 

アカバナ科

ヤナギラン

 

細い綿毛をつけた極小の種子を風に乗せて飛ばした後のヤナギランです。遺された綿毛だけが絡みついていますが、山火事の跡、開発荒地、

等の適地はどこにでもあるわけではないので、無数の種子を遥か遠くに運んだ努力のあとと言えるでしょう。

このような植物は「パイオニア植物」と呼ばれているようですが、種子一つをとっても適地の条件により絶妙な工夫がなされているようです。

 

 

 

 

こちらではパイオニア植物として知られているミヤマハンノキを紹介しています。

美瑛町十勝岳望岳台の山野草

 

美瑛町新区画 ヤナギラン

美瑛町朗根内 神社横のヤナギラン

美瑛町朗根内 朗根内神社横の自生種保護園

美瑛町白金 白金模範牧場のヤナギラン

美瑛町北瑛 ミニフットパス北瑛古道付近の山野草保存

美瑛町北瑛 ミニフットパス北瑛古道入口に移植された山野草

美瑛町北瑛 歴史の痕跡を遺した山野草花壇

美瑛町北瑛 かしわ園の山野草保存

美瑛町五稜 ヤナギラン

 

inserted by FC2 system