北海道日帰り温泉の旅

 

 

 

平成27年10月4日

October 4, 2015

 

美瑛町俵真布 俵真布神社の姫林檎

 

美瑛町では高収益に注目し、林檎栽培と取り組んだ歴史があるようです。寒冷の厳しさから腐乱病が猛威をふるったこと、続々品種改良が進み高級化して

行くのに遅れをとったことなどから、衰退。多少は残ったであろう林檎の木々も十分なお手入れのなされない環境では、遂に絶滅し、現在その痕跡を見つけ

ることは困難です、ただ、同属でもエゾノコリンゴ、ヒメリンゴなどは厳しい寒冷にも強いようで、地域のあちこちに自生、若しくは野生化した姿を見かけます。

エゾノコリンゴはリンゴの台木として使われたこともあるとのことで、現存するエゾノコリンゴの中には台木に使われた部分だけが生き延びているものもあるの

ではないかとのことです。ただ今となっては、どのような歴史を持つ樹木かを知るすべはないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美瑛町新星 美瑛町内では姿を消してしまった林檎か・・・・・

美瑛町明治 エゾノコリンゴ

遠軽町上白滝 旧白滝村立三和小中学校跡のエゾノコリンゴ

当麻町東一区 エゾノコリンゴ

旭川市西神楽 林檎

 

inserted by FC2 system