北海道日帰り温泉の旅

 

 

 

平成27年9月23日

September 23, 2015

 

美瑛町新区画 マタタビの繁茂

 

筆者の子供時代にも北海道内ではマタタビを口にすることはなかったのですが、本州の一部地域では塩漬け等にして珍重されていたといいます。

また、アイヌの人々もやや味わいは劣るものの食べ物として利用していたようです。そこで今回は実際に食してみることにしました。人工林の縁の

枯れた木に巻きついて繁茂するマタタビを発見したので、早速実態調査です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熟した状態のマタタビの実は黄色く色づいています。当然この実を味わってみましたが、なんと舌に結構な痺れ感、嫌な味もない代わりに美味しくもなし。

やはり同種のさるなし(コクワ)に数段劣る代物でした。ただ、昔から薬効には注目されていたようで、心臓の弱ったとき、神経痛、疲労回復など

が期待されていたようです。

 

 

 

 

熟す前の状態です。

 

 

 

美瑛町置杵牛 さるなし(コクワ)

美瑛町沼崎から置杵牛への農道沿い 山中にすももがたわわに稔る

美瑛町置杵牛 ヤマブドウ

美瑛町置杵牛 ミズナラのどんぐり

東神楽町栄岡 オニグルミ

美瑛町北瑛かしわ公園 柏のどんぐり

美瑛町明治 エゾノコリンゴ

美瑛町横牛 おおばゆり

美瑛町横牛堀の沢 ホップ

東川町上岐登牛 野草化しているハッカ?

 美瑛町美沢 栃の実

美瑛町新星 美瑛町内では姿を消してしまった林檎か・・・・・

遠軽町上白滝 旧白滝村立三和小中学校跡のエゾノコリンゴ・姫林檎・山梨

国道242号線生田原ー遠軽間の道路並木となっている栃の樹

旭川市西神楽町就実 カラハナソウ

美瑛町新区画 ヤマブドウ(山葡萄)

美瑛町新区画 山中の栗の木

美瑛町新区画 マタタビの繁茂

美瑛町置杵牛 大きな栗の木

旭川市西神楽町就実 山のキウイさるなし又はこくわ

 

inserted by FC2 system