北海道日帰り温泉の旅

 

 

 

平成27年8月2日

August 2, 2015

 

美瑛町忠別 忠別ダム望郷公園の忠別地蔵

 

忠別ダム望郷公園の小さな地蔵は、現在多くが湖底に沈んで定住者のいなくなった美瑛町忠別地区の開拓の歴史を見つめ続けて

きた、歴史の証人でした。

 

 

 

  

地蔵の側面には「行年六歳山本シズエ」「行年五歳西光也」の名が彫られていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

美瑛町教育委員会刊の「続祭りと祈り」によれば、元々は地域の入植者によって忠別川中州に建立されていたようです。大正二年とのことですから、入植直

後の事故になります。

 

 

美瑛農協三十周年記念誌に設立時の組合員名簿がありましたが、戦後間もなくのこの時期に亡くなった二人の子供の「姓」

は見つかりません。既に他の地に転居していたものでしょうか。

建立の代表となった矢沢常蔵さんの名だけが健在でした。

 

 

旧美瑛町立忠別小中学校閉校記念碑と忠別ダム望郷公園

美瑛町 美瑛神社の地神宮と忠別神社から移転の地神さま

美瑛町忠別 忠別ゲート

東川町大雪遊水公園 「故郷開拓百年」の碑

 

inserted by FC2 system