北海道日帰り温泉の旅

 

 

 

平成27年3月29日

March 29, 2015

 

美瑛町俵真布 福多仲蔵氏寄贈の旧俵真布小学校の二宮尊徳像

 

俵真布の郷土誌「俵真布八十年史」には昭和三十六年一月二十一日俵真布小中学校が全焼、再建期成会が設けられ地域あげての努力

で同年六月二十四日には落成式にこぎつけている模様が記載されています。二宮尊徳像はその折寄贈されたもので、「俵真布八十年史」

では寄贈者福田仲蔵となっていました。ひょつとして福多仲蔵?との思いで現地確認に出向きました。

 

 

 

俵真布の開拓農民から身を起こし、道北有数の木材会社にまで発展させた福多仲蔵の名がありました。上川神社の福多仲蔵翁顕彰碑

でこの名を見て以来興味の惹かれる人物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

:現在残る校舎は昭和36年火災の後再建された校舎ではなく。平成2年に建てられたもののようです。

平成15年3月末日をもって、大正3年1月明徳尋常小学校俵真布特別教授場以来の89周年の歴史

に幕を閉じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俵真布八十年史」には校門・門標は福田敬治寄付とありました。

学校前の農家が福田さんです。先代の福田さんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

旭川市上川神社 福多仲蔵翁顕彰碑

旭川市北門町7丁目 福多木材工業(株)

美瑛町下俵真布 福多仲蔵が開拓に入った地域の光景

 

美瑛町中町 美瑛町農協の二宮尊徳像

 

美瑛町 美瑛小学校の二宮尊徳像

美瑛町置杵牛 旧置杵牛小学校の二宮尊徳像

美瑛町 旧俵真布小学校の二宮尊徳像

美瑛町 旧宇莫別小学校の二宮尊徳像

美瑛町美沢 美聖小学校に置かれていた陶製二宮尊徳像

 

美瑛町上俵真布

美瑛町俵真布 俵真布神社から上俵真布まで

美瑛町 俵真布を訪ねる

美瑛町俵真布 宮崎家の馬頭観世音

冬の美瑛町俵真布

 

inserted by FC2 system